相続した不動産を活用

MENU

相続した不動産を活用できていますか?

不動産を所有していると、物理的な維持管理のためだけでも多くの費用がかかります。
人が住まなくなった建物は驚くほど早く劣化が進みます。
特に給水管や排水管は劣化しやすく、その全ての交換が必要にある場合もあります。
自己利用する予定がない場合、賃貸に出し安定収入を得ることが考えられます。
ただ、自らこれを行うとなると、賃借人とのトラブルへの対応や予期せぬ修繕、賃料収入についての毎年の確定申告など、煩瑣な対応が伴います。
また、古いアパートやマンションであれば、間取りや設備が時代遅れとなっており、賃料をよほど安く設定しなければ、なかなか賃借人がつかないこともあります。
そこで信頼がおけ、かつリーズナブルな賃貸管理会社やリフォーム業者を見つけ、相談することが重要になります。
より簡単な解決方法は、売却して現金化することです。
条件が合えば不動産会社に直接買い取ってもらう方法が簡単です。
いずれにせよ、売主様の意向を尊重しながら、相場動向を踏まえ、修繕リフォームと賃貸の視点で物件を評価しながら、適切に物件の査定ができる、誠意と識見を兼ね備えた不動産会社を選ぶことが重要です。