MENU

投資用ワンルームマンション売るには

売却する

マンションを売却しようと思ったら、まずは不動産を選ぶことになりますよね。
不動産を選ぶにしても全国の多数の店舗があるので、どこを選んでいいかわかりません。
ネットで検索しても数多くの業者がいるので、さらに選択肢が広がってしまうのです。ですので不動産はいくつかのチェックポイントを確認することをおすすめします。

 

ではそのチェックポイントについて紹介しましょう。

まずは自分が持っているマンションの地域について詳しいかどうか。

その地域を得意とする不動産の場合は高く買い取ってくれる可能性が高いと言えます。

次に売却までにかかる期間。

売却開始後にどれだけの問い合わせがあるかをチェックしましょう。多くの問い合わせがあれば、その不動産では早めにマンションを売れる可能性があります。

次に不動産に在籍しているスタッフの資格について。

宅建業の資格を持っている人は多くいますが、それ以外にも必要な資格はいくつもあります。
ファイナンシャルプランナー・任意売却アドバイザーなどの資格を持っているスタッフがいれば、売却についての悩みも相談できますよ。もしその資格を持っているスタッフが在籍していなくても、資格を持っている人と連絡が取れる状態であれば問題ありません。

 

最後に購入希望者の確認。

 

担当してくれたスタッフに、現在購入希望を持っている人はどれくらいいるかを確認しておきましょう。
多くいればそれだけ売却までの期間が早まる可能性があります。
そうすれば適正な価格、そしていち早くマンションを売ることができますよ。以上のポイントをチェックしてみてくださいね。

ワンルームマンションを売る

投資用の不動産としてワンルームマンションを所持している人も多いのではないでしょうか?

好景気の時に買ったという人もいれば、勧誘の電話を受けてから購入したという人もいると思います。
しかし投資用のマンションで利益を出している人は残念ながらそれほど多くはいないのです。

 

景気があまり良くならない状態が続いているので、中々売却できない。賃貸として貸し出しているけど、実質は赤字続き。
こんな人ばかりだと思います。
しかしそのまま所持していてももったいないだけですよね。そこで売却に踏み切ろうと考える人は、まずは仲介業者を探しましょう。
不動産の仲介業者は多くいます。そのためどこにするか迷うものですが、適当に決めてしまうと安値でしか売却できず、結局赤字になってしまうことも。
ですのでまずは優良な仲介業者を探しましょう。
ネットには投資用マンションの売却を一括査定できるサイトがあります
。そこで複数の会社に見積りをとってもらい、その中で最も高値で買い取ってくれる店舗を探すといいでしょう。
一括査定のサイトも複数あり、サイトによって登録している業者に違いがあります。
ですので一括査定のサイトも口コミで評判のいいところを探してください。
ここでは口コミやネットでも有名で実績のある不動産一括査定サイトをまとめてみました。
無料で査定できますのでとりあえず一度どのくらいになるのか確認してみましょう。

投資用ワンルームマンションを売るならこちらがおすすめ

 

HOME4U

HOME4Uの特徴

HOME4Uは、劾TTデータが運営する日本最大級のマンション売却一括査定サイトです。
一度に最大6社からの査定することができます。
累計15万人以上が利用している実績のある一括査定サイトです。
大手不動産会社から地元に強い地域の不動産会社まで幅広くカバーし、全国500社以上と提携しています。
入力時間はわずか60秒で査定することができます。

価格 無料査定 0円
評価 評価5
備考

イエウール

イエウールの特徴

イエウールは大手の不動産会社から地元にある不動産屋まで全国手900社以上と連携をしています。 査定の申し込みをする際、しっかりと査定してもらいたい「訪問査定」と、とりあえずどのくらいか知りたい「机上査定」の2通りを選ぶことができます。最大6社から一括査定をすることができます。 お客様満足度98%の実績があります。

価格 無料査定 0円
評価 評価4
備考

イエイ

イエイの特徴

業界最大手のイエイは、提携不動産会社が約1000社あり全国を網羅しています。 最大6社の査定結果が即日で分かります。 今までに累計150万人が利用しているという実績と信頼のある不動産査定サイトです。 最大10万円分のギフトカードがもらえるチャンスがあり。 自動的に会社を絞り、あなたに最適は不動産会社を決めてくれるのでスピーディーな審査結果が得られます。入力は約60秒の簡単入力です。

価格 無料査定 0円
評価 評価4
備考

マンション.naviの特徴

マンション.naviは、分譲の中古マンション売却に強いサイトです。
全国500社からあなたの地域にあった会社を紹介してくれます。
一度の条件入力で、最大9社から査定結果が分かります。しかも45秒ほどの簡単入力で結果が届きます。
無料ですからマンション売却を考えているなら一度利用してみましょう。売却に役立つ小冊子もプレゼント中です。

価格 無料査定 0円
評価 評価3
備考

ワンルームマンション査定価格に影響するポイント


マンション売却前の清掃、整理も重要です。
マンションを売ろうと考えたら、まずは掃除から始めましょう。長く所持している人は掃除に念を入れておいた方がいいですよ。
売却の際は買い手が内覧に来ると思います。その際、掃除のされていない汚い部屋だとしたらどうでしょう?あなたなら買おうと思いますか?購入を決めたとしても、人によっては汚いから値段を下げてくれと言ってくる人もいます。
それを防ぐためにも掃除は必要不可欠なのです。掃除は軽くではいけません。
内覧に来る人の多くが隅々まで部屋を確認しますので、やはり部屋の隅まで綺麗にしておく必要があるのです。
ピカピカのホコリひとつない部屋を見れば、ほとんどの人が購買意欲が湧きます。高く売るためと思って、部屋の掃除は徹底的にしておきましょう。また家具があるのなら、家具の清掃もしておきましょう。
ホコリをかぶっていないか、ソファーなどであればシミなどはないか。細々としたところまでチェックしてくださいね。もし家具の配置が微妙なら、配置についても変えておきましょう。家具は配置次第で部屋の雰囲気が随分と変わるものです。部屋にあった配置であれば部屋の価値もグッと上がりますので、見栄えが良くなるよに設置しておきましょう。

ワンルームマンションを売却したときかかる税金

手持ちのマンションを売却したいと思った時に覚えておきたいのが税金です。売却時には税金が必要となるので、これの支払いについてもしっかりと覚えておきましょう。

投資用ワンルームマンションを売った場合にかかる税金には所得税・住民税があります。

この二つはある条件を満たした時に必要となります。マンションを購入する際は当然お金を払いますよね。
そして売却する際はお金をもらえますが、この売却した額が購入した額よりも多い場合、つまり利益が生まれた場合のみ住民税と所得税が発生します
また課税対象となるのは利益の分だけで、マンション購入時にリフォームをしたりしていればそれを諸経費として利益から差し引くことができます。
ですので利益が出た場合は経費として差し引ける分を全て差し引きましょう。そうすれば課税対象になる額がどんどん下がるので、支払う税金も安くなりますよ。

 

必須となるのが印紙税です。印紙税はマンション売却時の契約書に貼り付ける必要があるため、必ず用意しなければなりません。
印紙税はマンションの売買価格によって変わりますが、1〜6万までの範囲内となっています。そのため高額のお金をすぐに用意しなければならないということはないので安心してくださいね。
マンション売却には特例があり、特例を利用することで税金に関してお得な点があります。買い替え特例・3000万円控除特例などがあり、条件を満たせば特例を利用することが可能です。
マンション売却時に利益が多い場合はこういった特例を利用して税金を安くするようにしましょう。

投資用ワンルームマンションを売る理由

在庫が増えると価格は下落する
中古マンションの平均成約単価の推移
首都圏における中古マンションの平均成約単価の推移と、在庫件数を重ねてみました。
「在庫が増えると価格は下落する」
「在庫が減ると価格が上昇する」という傾向見て取れます。
2015年前半から在庫が急上昇しています。
2016年も上昇傾向にありますが、2012年の件数ほどではありません。
一方、平均成約単価も上昇を続けています。
結論としては今後もこれまでと同じトレンドで価格が上昇するかどうか慎重に見極める必要があります。

 

価格と株価
首都圏中古マンションの平均成約単価と日経平均株価は連動します。
両者には強い相関性があります。
いわゆる、株価上昇に伴う資産効果によって中古マンションの相場が上昇するのです。
しかし2015年夏ごろから日経平均は下落傾向に変化しました。
もし、株価上昇に伴う資産効果が中古マンションの価格に一定の影響を及ぼしているとすれば、そろそろトレンドに変化が表れる可能性もありそうです。
トランプ効果による株価の上昇が、不動産価格にどういう影響を与えるか?明確な変化はまだ見て取れませんが、新聞等は否定的な評価です。データをありのままに観察し、様子を見た方がいいのではないかと考えます。

 

空き家を所有することがリスクになる?

1)「空き家対策特別措置法」この法律は田舎に空き家を持つオーナーにとって、理解不足ではいられないほど重要で、しかも古い空き家ではすぐに対策が必要なほど緊急性も含んでいます。
もはや、空き家を放置できない時代であることを自覚しておく必要があります。
両親から相続した空き家も同様です。
2)特定空き家とは
@建物全体が傾いたり、主要構造部が腐食して、倒壊のおそれ。
A設備、門・塀が老朽化し、脱落や倒壊の被害のおそれ。
B浄化槽の破損や、汚水の流出により衛生上の影響のおそれ。
Cごみ等の放置、不法投棄による衛生上の影響、害獣・害虫の増殖。
D窓ガラス・門扉の破損による不法侵入の危険……等々。
3)特定空き家と認められると
@所有者の費用負担で修繕・撤去命令が出される。
A土地に対する固定資産税の特例(優遇措置)から除外され、土地の固定資産税が最大で4.2倍にも増額される。